Web連載更新チェックアンテナ

メイン

4コマまんが

20131129.png
安西先生!

20131127.png
でも続く。

20131126.png
憧れですよね、ガレージ…。

20131122.png
...いやだって、これはこれで逆に不安になるというか。
でもとにかく買い替えると決めました。決めたんだ!

20131121.png
本当に申し訳ない。

20131120.png
富士通さんをなめてました。ごめんなさい。

といっても内部ストレージは128GBにしたかったので、量販店ではなくて、帰宅後にメーカー直販サイトからの購入となりました。
他にオプションとしては拡張クレードルと3年間のワイド保証(水濡れや落下による故障も保証してくれる)をつけて、サポートはミニマムにして、しめてお値段111,180円。これを高いと思うか安いと思うかは来てみないとまだ判断つきませんが、少なくとも現時点では「安い」んじゃないかなーと思ってます。

ネガ要素に思えたのは、意外と筐体に熱を持ってた(特に右下)あたりと、タッチパネル式のWindowsボタンがやたらと誤爆しがちだったあたりの2点。

一方で、なめてかかってたペンの精度がやたらと好印象でびっくりしました。精度の悪いデジタイザだと、いくら調整しようが画面の端をペンでなぞっていくと、ポインタの位置がペン先の右や左に回り込んでいったりするのですが、こいつの場合それを感じませんでした。
もっとも、1回の調整でばっちり決まったわけではなくて、何度か再調整を繰り返しましたけども。

あと、線がぶれない。
標準のペイントで2000×1000ぐらいのキャンバス作ってそこでぐりぐり描いてただけですが、なんか線がへんによれたりとか、ぶれたりとかがないんですよね。試しに指で描いてみても安定した線が描けたので、ペンの性能というよりも、筐体のノイズ対策がしっかりされているのかもしれません。

もともと Latitude10はこのAtom Z3770(Bay Trail-T)世代までのつなぎのつもりで買っていたので、「また買っちゃった-」というよりも、「期待通りに決定版が出てくれて良かった-」という気持ちが大きいです。
最近 hulu で遅まきながらHEROESというアメリカドラマに見はまっているので、こいつが届いたら防水筐体だから風呂場でも見ることできるなーいいなそれはーとか、ちょっとウキウキしてみたり。

納期は1~2カ月かかるんだとか。早く届いて欲しいものです。

20131113.png
たしか電王の絵は、前にも描いた覚えがあるなあ…ってことで過去の日記を漁ってみたら…ありました。2008年、約5年前かあ。

とすると息子がちょうど2歳くらいの年。
まだ子どもたちも両方就学前だったから、あちこち旅行によく出かけてた気もするあたりのこと。

きまって車の中では電王のビデオを流しながらお出かけしてたんですが、そういうのも全部忘れちゃってるんだろうなあ。

20131111.png
やればダサくなるのがわかってるのに止められないというですね…。

20131108.png
「家に帰るまでが遠足です」という言葉があるように、バックアップ用にスリープを解除させたんだったら、処理終了後にスリープ状態へと戻すとこまでがバックアップ処理だろ!と言いたくなるんですが、Windowsはどうもちがうみたいなんですよね。
当初はまさかそんなことはないだろうと思って設定をいろいろ漁るも見つからず。そんなことありました。さすがMicrosoft。

どうも、放置しておいたらスリープに入る省電力設定あるから、そっちで自動的に眠るようにしなさいというのが、Microsoftの言い分みたいです。
だってそれやってたらうっかり保存しわすれたままタバコ吸いに行ってそしたらそこにいる人と話し込んじゃって戻ったらスリープに入ろうとした拍子にお亡くなりになったパソコンが待ってて「いやそんなことないよ休止状態に入ってるんだ絶対そうだ」と念じながら起動させたらBIOSから立ち上げ直すピコッってビープ音がして絶望するという思い出が…。

痛い記憶がたくさんほじくり返されるので、その設定だけはオンにしたくありません。自分の中では「Windows Updateは勝手にやらせない!」ってのと1セットになっている鉄の掟です。

仕方がないので、「Windows Backupによってスリープを解除された時だけ、起動と同時に強制的にスリープへ移行させる」という動作をするプログラムを1個作りまして、それをWindows Backupの終了イベント発生時に起動するよう、タスクスケジューラで登録しています。
これで、バックアップ処理終了後に無理矢理スリープ状態へと移行するようにしてるわけです。

ちなみにこうやってバックアップをとらせておくと…
20131108_cap01.png
ファイルやフォルダのプロパティを開いた時に、こんな感じで「以前のバージョンタブ」から古いバージョンのファイルが引っぱり出せて便利ですよ。

vol0237.gif
うちで使っているマウスは Logicool Performance Mouse M950 というやつ。
こいつは Unifyingレシーバーというのを使って、「これひとつ挿すだけで6つまでのキーボードやマウスを無線接続できますよー」というのを売りにしています。

結論から言うと、これが悪さしてた。
複数の「キーボード」やマウスを認識できるって品なので、これ1個挿すだけで複数の「キーボード」やマウスのドライバが組み込まれるんですね。

だからデバイスマネージャを開いて「マウスとその他のポインティング デバイス」に羅列されてるもののプロパティを片っ端から開き、「電源の管理」タブで「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする(O)」という項目のチェックを外すだけではダメ。

「キーボード」として羅列されてるものも確認して、自分が使用しているキーボード以外に認識されてるデバイスをマウスと同様に開いて、そっちもスタンバイ状態うんぬんのチェックを外さないとダメなのです。

そっかー、Unifyingってキーボードも認識するから、接続したのはマウスだったんだけど、マウスだけじゃなくてキーボードとしての設定も必要だったんだなーなるほどなー。

…んなもんわかるか!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

About 4コマまんが

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「4コマまんが」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはラフなページまんがです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加