Web連載更新チェックアンテナ

メイン

雑記

090423.gif
フリーになる時にカミさんと約束したことのひとつに、「毎年ちゃんと健康診断受けること」というのがあります。会社にいたら強制でやってもらえる健診ですが、フリーになるとそんなのないので、自分で心がけないと駄目だからです。

でも、ここ数年は忙しさにかまけて反故にしちゃってた。なので、数年分のメンテナンス含めて人間ドックを予約してみたのでした。
加入してる健康保険の方で補助が出るんですが、それが年に1回と決まってて、5月になったら翌年度分に切り替わって今年の分はムダになる…というのも背中を後押ししたことのひとつ。

そんなわけで絶食中です。腹減った。
もうあと1時間もすれば、お茶や水を口にするのも駄目だとなっちゃうらしい。

ああ、お腹空いたなぁ。こんだけ腹減ってりゃ、人生初バリウムもおいしく飲めそうだなぁ。

090408.gif
昨日はムスメの入学式がありました。
この時は特になんという感慨もなかったんですが、今日になって初登校に心躍らせているムスメの姿を見たら一気にぶわっときた。昨日の入学式っておめかししてたから、あんまり「小学生になった」感がなかったんですよね。今日になって私服にランドセル姿で「行ってきます」という姿を見たら、「ああ、小学生になったんだ」という実感がすごく湧きました。
昨夜から風邪で伏せってたんだけど、そんなダルさも飛んでっちゃった。

これからはどんどん活動範囲が広くなって、父親の知らない世界が増えて行くんだろうなぁ。
…としみじみ。

そういえば入学式では、あいかわらず国旗掲揚と君が代斉唱に慣れない自分がありました。つくづく幼少期の教育とは恐ろしい。
あと、職員紹介で先生方が8割方女性だったのにも驚いた。男の先生は片手で足りるほどしかいない。
千葉の前知事はやたらジェンダーフリーに傾倒した人だということで、そのへんのよろしくない噂をたくさん耳にしたもんだったけど、こういうのを見てると「あながち単なる噂ではないのかもしれないな」などと思ってしまいます。クラス名簿が男女混合で生年月日順(たぶん)だったのも慣れない。ムスメの姿をカメラに捉えようとしている身からすると、誕生日なんつー隠れステータスで並ばれるよりも、わかりやすいアイウエオ順にしておいてもらった方がタイミングを図りやすくて助かるのですけども。

でも、今の時代はこれが珍しくもなんともなくて、実に普通のことであるみたいです。
なんだろう。これは誰がどんな意志を持っていつの間に変えてしまった常識なんだろう。

よく政治の話なんかをすると、「○○に政権取らせたからといって、そんな急に世の中変えられるわけないんやから、おかしいなと思ったら次の選挙で落とせばいいだけ」なんて声を耳にします。
でも、よほど興味を持って見てないと、知らないうちに知らないところで世の中は着々と変わっちゃってて、気づいた時にはもう「時既に遅し」のような。そんなうすら怖さを感じたりもした1日でした。

090324.gif
…というわけで、本当に今さらなんですけども、WBCに見ハマってます。まさか決勝まで来れるとは思ってなかったのに加えて、その相手が韓国だときたら、これはもう絶対見るしかないじゃんかってことで、今日の決勝は完全仕事お休みモードでスタンバイ中。

よおし、ガンバレ日本。2連覇だガンバレ日本。

観客席がガラガラなのは、まだ試合がはじまってないからだよ。プレイボールがかかる頃には、きっと超満員になってるに違いないさ。
なんて空しい祈りを捧げながら観ております。

090316.gif
一戸建てを建てたからには、「この地に根をはろう」と思うわけで、そうすると地域社会のことにも色々目が向くようになるものです。
そんなわけで、千葉県知事選には興味ありあり。

今住んでるのが新興住宅地ということもあって、まわりは毎年なにかが建ち、道路が開通して、そのたびに人の流れが変化して…という、リアルシムシティな様相を呈しています。極端な言い方をすれば、知事とかって給料もらって、このシムシティのプレーヤーになるわけですよね。
年がら年中「自分たちに住みよい地域社会づくり」を考えるのが仕事というのは、とても楽しいしやり甲斐のあることだなぁ…とも思ったりして(もちろんそんな単純な話ばかりではないけれど)。

というわけで、個人的には「リアルシムシティを楽しめる人」に入れたいなと思ってます。
特に千葉県の問題は医療機関不足(病院壊滅地帯があるので特定の病院に入院患者が集中するとか)と借金漬けな体質(とうとう首がまわらなくなって千葉市は道路工事がほぼ凍結されちゃったりした…けど何故かモノレールは延伸する)だと思ってるので、このへんを重視してやってくれる人がありがたい。
逆に、できれば「自分大好き」「目立つの大好き」「権力大好き」な人は避けたい。

まず真っ先に候補からはずれたのが唯一の女性候補な人でした。子育てを売りにしながら自身の子育ては親に丸投げしてたりとかなり自分大好きなにおいだけがプンプンする。絶対この人だけは選んじゃいけない気がする。多分今回の選挙はキャリアアップのための踏み台。
いすみ鉄道の立て直しをと社長公募で選ばれて、でもその結果なんか一切出てない1年未満でさっさと退任して知事選に出る人も却下。裏の事情は知らないけど、普通に考えれば無責任感は拭えない。いすみ鉄道に加えて、バス会社とのつながりが強すぎるのもひっかかる点。いすみ鉄道保護を政策に掲げるのはどうかと思う。
タレント候補さんは、成田と羽田をリニアモーターカーでつなぐとか、アクアラインを値下げするとか、「それは前回の知事選なら有用だっただろうけど、今の時代にはあってないだろ」と正直時代感覚がずれてる気がしてこれもNG。借金を増やすだけに終わりそう。

…と消していくと、西尾けんいちさんが残るんだけども、どう見てもこの人が当選するような気がしてこない。影がうすい。さすがに県議員をつとめてきた人だけあって、現状を理解した上での現実にそくした政策を掲げてるように思えるんだけど…。

女性議員さんの当選を食い止めるために対立候補に一票を投じるか。
それとも素直に自分がいいと思うこの候補に一票を投じるか。
おっきなリアルシムシティのプレーヤーにはなれないけど、これはこれで立派なリアルシムシティの参加者だよなと思う今日この頃。

090209.gif
前々から気になっていた『仮面ライダー THE FIRST』をようやく観たのですよという話。

もうね、今の技術で造形され直した仮面ライダーなわけじゃないですか、しかも1号。そりゃ、ビデオレンタル店に行くたび、そしてこどもに仮面ライダー電王のコーナーに連れていかれる度、気になってたわけですよ。

それをようやく昨夜、誰もいないリビングでデカデカと音を鳴らして鑑賞することができたのです。

「仮面ライダーといえばやっぱあの歌だよな」とか思ってたら、開始1分くらいが過ぎたあたりでブォン…とやたらかっちょいい排気音が鳴り響き、続いて「テケテケテーテケテケテーテケテケテ…」と聞き慣れたあのメロディーが!!
もうアドレナリン出まくりですよ。大興奮なわけですよ。
「なんてわかってるんだ!! なんてわかってる人が作ってくれてるんだ!! すげえ、すげえぞちくしょー!!」
と食い入るように見つめる先では、「仮面ライダー THE FIRST」の文字とともに、サイクロン号を駆る仮面ライダーの姿が!!

もう!!!!!!
もうサイコー!!!!!!!!!!

そう。そこがサイコーでした。
ピークはそこで、あとはずっと地べたをはいずってる映画でした。

すごいなこれ。自分が仮面ライダーで良いと思う設定(脳手術をされる前に科学者の手によって助けられる…が、これはある意味打倒ショッカーに利用されるという微妙な立場に。ベルトに風圧を受けないと変身するエネルギーが得られない。だからバイクが必須。敵側はなんとか変身させまいとするも、時にはビルの屋上から飛び降りるなどで決死の変身を試みる。)が一切合切入ってない。この設定をもとにヒネリのない王道的なストーリーしてくれるだけでどんだけイケてる映画になることか!と思うんだけど、映画作った側の人はそんなん一切思ってないっぽい。

シナリオは中学生が授業中の暇つぶしに書いた程度の妄想小説レベル。演技はそろって高校生の学芸会レベル。殺陣もなんかしょぼくて、ケリもパンチも腰の入ってないものばかり。ワイヤーアクションはどっからどうみても「つり下げられてあわあわしてる」感ありありだし…。

最初の1分50秒あたりまでは観る価値がある映画でした。あとはいらない。
そういえば最近のヒーロー物(に限らず西遊記とか戦国ものとかも)って、どれ見ても敵味方ともに「新品みたいにピッカピカ」なんだよね。あれはなんでなんだろか。すげえ興ざめなんだけども。

090205.gif
小学校時代とかを振り返ると、イラストの光景って普通に想像ができることで、かつ自分にとっては「陰口は卑怯者」というのが当たり前の感覚だったりするわけですが、昨今のネットを見てると「それは少数派でしかないのかも」などと思うことが増えてきました。それかあれか、「卑怯者はいや・かっこ悪い」という感覚が少数派なのかなぁ。

とあるブログのコメントに好き勝手書いて荒らしてた人たちがつかまったらしいです。
『ブログ書き込み18人書類送検へ=タレント名誉棄損容疑で警視庁』…>時事通信社
個人的には、いいことだなと。
匿名って、(特に意見・意思表明の場においては)本来は卑怯なことだと思うんですね。卑怯だけど、そうせざるを得ない。それが匿名の使いどころだと思うのです。たとえば事件の告発とか、弱い立場のものが自分の身を守るべくやむなく取る手段として使うべきで、まちがっても公の場で誰かをよってたかってつるし上げるための手段ではない。少なくとも、つるし上げる強者の側が使うべき手段ではないだろう…と。

ところが今のネットでは匿名が当たり前になっちゃってて、人を批判したり中傷したりする人ほど匿名で、他人には発言の責任を求めながら自身は一切責を負わないと、そんな人が増えた挙げ句に「それがネットの流儀」なんてことになりかねなくなってる。

昨今見かけることが増えたmixiの騒動などを見ても、「それって江戸時代の五人組制じゃん」と思わざるを得ないようなチクリ文化になってきてるし。なんだかなぁと。

あと、匿名性に加えて「なんでそうも人の意見・価値観をねじ曲げたがるのか」というのも解せない点だったりします。
自分と違う意見だったら「ふーん違うんだ」でいいやんと思うんですけど、なぜかそれを無理矢理にでも己の信ずる方へ正そうとするんですよね。
まったく自分とは違う立場の意見を読むことができるのもネットの利点だと思ってるので、このへんもなんかなぁと思う点だったりして。

なので今回のニュースはいい傾向だと思ったのでした。
より一般的なインフラとしてネットが活用されていく以上、「匿名だから責任取らなくていいんだぜへへへん」という無法地帯然なままってのはちょっと無理が来てんだろうなーと思うのです。

090121.gif
よしさぁ今日もがんばるぞ…と思ってたら、どうも先日まとまった仕事を片付けたことで、完全にひと山越えてたっぽい。やること自体はあるんだけど、別に今日終わらなくても明日できるというか、そんな予定が並んでるばかり。

あ、人と会う予定が今日以降立て続けに入ってるから、それで余計忙しそうに見えてたんだな。

はっはっはっ、なんだそうかー。はっはっはっ、あっはっはっはっはっ。
ゆ、油断なんかしないですよ。しないですからね。

さて…と。

それではということで、「んじゃWindows 7のベータ版を、押し入れで眠ってるThinkpad X41tにインストールして試してみたりなんかしようかしら」なんてことを企んでみました。
とりあえず後日のリカバリ用に、プロダクトリカバリディスクなんぞを作ってー。
引き続き、Windows 7インストール用のディスクを作ってー。

…油断じゃないですよ。これは将来への投資なのです。業界研究の一環というやつです。

でも便利な言葉ですよね、「将来への投資」って。

090120.gif
今年は仕事いっぱいがんばるぞ、と決めているので、年初から受けられるもんとか立ち上げられるもんとか、とにかく「前に前に」と働いてたら1月の終わりが見えてきていてあらびっくり。

人が床で寝てる間に、なに2月になろうとしてやがんでいという感じです。

ただ、辛いかというとそんなこともなく、「うお、今日この原稿終わってないとマジでやばいかも」なんて思いながら「でも寝ちゃおっかなー」などと床に突っ伏したりしてるとですね、ヒリヒリと後ろ頭のしびれるような、脳汁がドクドクと出てきてるような気配があって、それがスリルとサスペンスに満ちあふれていて、「この感じ、ひさしぶり」なんて楽しくなってたりもいたします。

ただ、引きこもりがちの生活になってしまうのは少しイヤンな感じ。

そんな私の心を癒してくれるのが、エビ。
昨夏のべらぼーな暑さでウチのメダカ水槽くんは壊滅してしまったんですが、冬に入ってから今度はエビ水槽くんとして復活を遂げています。ちなみにレッドビーシュリンプという紅白のエビ。かわいいのです。エサを入れると、ちょろちょろーと一斉に出てきてですね、チマチマチマチマつまむのですよ。

先日はとうとうタマゴを産んでくれました。朝からうんうん唸ってて、通りがかるたびに様子を見てたんですが、昼になってもうんうん唸ってて。そのたび「よしがんばれ、そこだがんばれ」などと勝手にこっちもいきんだりしながら応援してたりなんかして。

今度の夏は、自前の「自動扇風機システム」なんかを作って猛暑を乗り切ろうともくろんでます。CPUファンがいっぱいあまってるから、それ使おう。うん。

と書いてたらまたちょっと疲れてきたので、エビを見て心を和ませたいと思います。
ああ、エビかわいいよエビ。

090105.gif
というわけで2009年になりました。
今年はがんばって仕事を増やして、連載も増やして、ちょっとは老後の備えに貯金もしなきゃと、そんな年にできるようがんばりたいなの年であります…とか思ってたら年明け早々連載がいっこリストラの嵐に見舞われてて「めっちゃピーーーーーンチ」ではありますが、まずは年が明けてめでたいのココロ。

上記連載の話もありますが、なんか不況風が凄まじいですよね。
「派遣」というひとくくりで報道されちゃってるので、「自己責任が…」とか「そんな問題じゃない」とか、問題の根っこが錯綜しちゃってる気もしますけど、ここまで社会基盤が揺らいでる感じって、ほんと味わった覚えがないです。ちょっと前に「格差が広がってると言うが、凍死とか餓死が出るほど酷いわけじゃない」なんてことをのたまったお偉いさんがいらっしゃったわけですが、それが現実化しつつある社会ですもんね。怖い。うすら寒い。

でも国会のやいのやいのを見てるとなんだかなーとも思ったり。ばらまきがどーとか、契約切れないようにしたらいーぞーとか。うーん。
個人的には「残業規制(特に罰則強化と監視の厳格化)」と「住民票のない人対策(家を借りる一時貸与金と保証の制度と雇った企業に減税策とか)」あたりを実施したら、雇用のパイも増えて今の問題解決にも直結していいんじゃないかなぁとか思うんだけども、そうはならんのかなぁ。

なんせムダにお金をばらまくのはやめて、「雇用の機会を広げる」のと「職業教育を受けられる人数を増やす」ために使って欲しい。残業だってあれだよ、少数の人間に仕事もスキルも集中させた上に使い潰すというのは国としての損失でもあるから、いい加減厳密に規制しなきゃいかんと思うですよ。過労死なんて言葉が普通に存在する国は「申し訳ない」「恥ずかしい」と思わなきゃいかんですよ。

いっそ残業なんて一切禁止にしちゃえばいいんだ。そんだけでどれだけの雇用が生まれることか…って想像で書いてますけど、きっとそうだ。
んで、もっと働きたいって人は副業やればいいんだよ。で、「副業禁止」って会社がうたうのは禁止にしちゃうのね。だから、より働きたいと思う人は自分の力で市場を広げなきゃいけなくなって、より世の中に機会が増えていきますよ…と。

ついでに無料でも有料でもいいから「高速道路の定額化」もいっちょお願い。
ああ、それだけ変わったら、なんか自分にとって住み良い世の中になりそうな気がする。なんだかオラ、わくわくしてきちゃったぞ。

…いや、わくわくしてる場合じゃないよな。そもそもリストラされかけてて他人事じゃないわけで。今年乗り切れるのかしらワタクシと背中に汗が浮いてるわけで。

そんなわけで今年の目標。
まず毎月の生活を賄える収入を、ほぼ連載だけで達成できるようにがんばること。そんでもって、それをやりながら書きおろしの本も一冊出すこと。これだ。これができたら、年末には自分をほめてやることにしよう。

それでは皆々様。今年も1年、どうかよろしくお願いします。

081226.gif
時間のなーみーをーつーかーまえーてー…ゲフンゲフン。
いや、明らかにおかしいわけですよ。ああ12月に入ったなー、今年もあとちょっとで終わりだなーと思って、自分の中ではだいたい今は12月第2週の終わりくらいであるべきはずなのです。

なのになんですか、カレンダーをよくよく見てみたら「26?」。
普通の会社で考えたら、稼働日って今日を入れてあと2日しかないわけ?
そりゃ昨日「残すところあとわずか」って書きましたけど、まさか指2本で終わる今年だなんて思ってもみませんでしたよ。

で、大騒ぎ。

そりゃもう大あわてで請求書を揃えて発送処理したりするわけですよ。
この時期になると懇意にしてる出版社さんからお歳暮をいただいたりもするから、それのお礼状書いたりもせにゃいかんわけですよってもう年賀状になっちゃう時期だったんじゃないのって大あわてでこれも書いて出すわけです。
帳簿もそりゃアナタ大急ぎでカキカキしまして体裁整えるわけです。

とはいえ。
この日記は更新してるわけだから、本当なら日付ってもんはちゃんと毎日意識できてるはずなんですよね。なのになんだろう、頭の中でどうも数字と日付がシンクロできてない感じ。
ぶっちゃけ、今が2006年だって言われてもぜんぜん驚かない自信あるし。

そのうち、寝て起きたら1年終わってそうな勢いで怖いです。

ああ、そりゃカミさんが「ウチはいつになったら年賀状作るの?」とか聞いてくるわけだわなぁ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

About 雑記

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「雑記」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは色んな感想です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加