Web連載更新チェックアンテナ

メイン

雑記

20170424.pngDELLのアンバサダーを若干名招待するVR体験イベントというのが先週末にありまして。たまたまそれに当選してご招待いただいたので行ってきました。ゲームはそんなにやらなくなっちゃったので、VR自体は未体験。興味もそれほど...ってな感じだったんですけど、行ってみたら面白かったです。

会場について、はじめに体験したのは、両手にトリガーのついたデバイスを持って迷宮を突き進んでいく、FPSゲーム然としたものでした。
ヘッドセットディスプレイと同じ感覚で身につけたもので、いざ始まってみると360度すべての視界が完全に置き換わるという体験はちょっと目からウロコ。だって、足下も!背後も!頭上も!全部仮想空間に化けるんですよ。なにこれすごい!

後のプレゼンでeSportsの盛んなアメリカの話が出てきたのとあわせると、確かにこれはその世界では欠かせないデバイスと化してそうだわ、成績に直結するもん...と未来感を抱きます。ただ、そのプレゼンまでは、自分で家庭に持ってゲームやるかっつーと大袈裟かなあ、アーケードゲームで使うぐらいかなあ。

とか思ってたら、面白かったのが次の体験。自転車漕いでみた。

これね、VRでパリの街並みを再現してるんだったかなあ、なんせなんかのレースのコースが丸ごと再現されてるんですよ。そんでもってこの時この体験中も、オンラインで世界とつながっていて同時に数百名の人がコース走ってるの。抜きつ抜かれつのデッドヒートができちゃうの。

退屈な自転車トレーニングの時間が、これは...すごいなと。

VRは自身がアバターとなって仮想空間の住人となることが可能...みたいなよくあるSF世界の話を、実体験として垣間見せてくれるデモでした。

このへんから、「ゲームのデバイスとして...よりも、UI装置としてすごく優秀なのかも」という思いを強くします。
仮想空間であれば、ディスプレイのサイズに縛られない。すべての視界を仕事に割り振ることができる。そしてその中身は現実に縛られない。

...ちょっとすごいかも。もちろんまだ性能的に足りてないところが多いと思いますが、そういった「まだPCの性能が足りてないけど、足りるようになったらすごいよこれ」というワクワク感をPCの分野で久しぶりに覚えました。

体感が終わったら前面の大スクリーンでDELL・電通・INTELのプレゼンが次々とはじまり、先のeSportsの話とあわせて未来の話が次々と提示され、そして食事が出て、デザートも出て、お酒も出て...。
自分の中ではDELLというとどうしてもWindows黎明期の印象が強くて、質実剛健というか、地味で無骨で余計な加飾がなくてシンプルな分トラブルは起きづらいけど多少作りは荒くてサポートも最低限。で、その分安い。そんなイメージでした。
だから今回のイベントについても、多分「ここに座って」とだけ案内されて、事務的な流れに沿って体験が終わって、「じゃあこれこれこんな感じで書いといてね」みたいに資料持たされて終わりかな...って想像してたんですけど、まあ全然違う。

実は今回イベントに応募したのは、「Dell Canvas」という液晶タブレットの新製品情報をメーカーの方に聞いてみたりできないかな...と思ってのことだったんです。
いつからかDELLって、ディスプレイも表示品質が良く(EIZOやNECといった錚々たる面々がギラギラしたパネルで出してた時に、一番最初にしっとり画質の27インチを出してくれた。即買って愛用中)、タブレット製品も絵描きに配慮された製品になってたりと(Latitude10は当時の製品群の中では一番ペンの精度が安定してたと思う)、実はクリエイター系にかなり力を入れ始めてる印象があるんですね。あまりまだ一般的にそのイメージは弱いんですけど、丁寧に奇をてらわず作る分、安定して本来の性能を発揮してくれる製品群、と個人的には思いはじめているメーカーです。

今回アンバサダーに登録してみたのもその印象があるから。
実際イベントの最中も、VRと関係のない質問にもすべて答えてくれて、Dell Canvasについても分かる範囲・調べられる範囲はすべて答えていただけました。残念ながらオフレコの内容が多くて書けないんですけど、そうした面も含めて、「DELLというメーカーに関する認識」がかつての無骨なものからはガラリと変わった1日になりました。

VR体験そのものも楽しかったし、聞きたかった話は聞けたし、総じて大満足。また当選するといいなあ。

20170221.png
そうですね、だいたい過去の自分に毒づいて憂さを晴らしながら、未来の自分に頼るスタンスですね(ロクロを回しながら)。

20170220.png
パラパラパラっと見た感じ、すでに「わかんね...」って気分になっちゃってる箇所もありますが、とりあえずはマンガ部分だけでもざーっと読んでいって、少しは脳みそに定着することを期待したいと思います。

ちなみに娘は英語の試験でポンポンと100点をとって帰ってくるようなやつなので、「わかんね」なとこを聞くと「なんでわかんないのマジ?」という視線を投げかけてくれます。一応それで終わらずに簡単だよと教えてくれるんですが、その簡単がわからんのだよとふんぞり返る毎日です。

20170217.png
そのままふて寝して時間を無駄にすることもしばしばで...。

20170124.png
自分が入居しようとした時は最初2階部分しか空いてなくて、そっちはちょっと不人気なんですよね。内階段式ってことで、玄関入ってすぐ階段があるんですけど、これが居住スペースとしては使えないわりに掃除の手間だけは発生するので面倒なんです。しかも2階はせまいベランダしかない(1階だとけっこう立派な庭がついてる)。

これを書くために今回給湯器をまじまじと観察したんですけど、型番を見る限りは1階と同じものがついてました。ってことは給湯能力も同じはず。2階は配管を上までひっぱっていかなきゃいけないことを考えると、お湯が出るのにけっこう時間がかかるとかあってもおかしくありません。

というわけで、2階部分の人は単純に「意外と不便だ」ってなって出て行って、1階部分の人は「やかましくて寝てられない」となって出て行って、結果「酔っ払った時くらいしかこっちで夜寝ないから部屋が振動してようが知ったこっちゃないぜふひひ」っていう自分みたいな人にとっては家賃が安くしてもらえる分ラッキーこの上ない物件になっちゃってた...ってことなんじゃないかと名探偵は推理する次第なのですよ。

だとしたら設計ミスだよなあ。大家さんもかわいそうに。

20170120.pngつづく。

20170119.png
つづく。

20170118.png
この調子で頭頂部の髪の毛も回復しないかなあ。

20170110.png
年末年始の休みボケの後、さらに3連休の休みボケが加わったもんでなかなかエンジンがかからずというか。プスプスくすぶったままですが、のんびりゆっくり平常運転に戻していきたいと思います。
とか言ってる間に明日は締め切りなんですけども...。

そんなわけで、今年も本ブログとゆるくお付き合いのほど、どうかよろしくお願いします。

20161229.png
やるべき仕事もひと通り終わり、ふるさと納税もやったし、年賀状も書いた。仕事部屋の片付けは...まあ完璧にやったとは言えないんですけど、どうせ自分がいない間もルンバさんは部屋を磨き続けてくれるので、どうにもひどいところだけ片付けて、ゴミの始末だけはして。
そうして今、このブログを書いてます。ちょっと遅くなりましたけども、無事本年度の仕事納めとなりました。

今年は無事に応用情報の本も出せて、今のところ売れ行きも好調と聞いていますし(今見たらAmazonの応用情報カテゴリランキングで1位になってた!やった!)、法人で取り扱ってくれてる方の評判も上々という声をいただいています。
事の起こりは前にも書いたように2009年の6月で、ようやく今年、この時に「やります」と返事した版元との約束を果たすことができたことになります。振り返ってみれば(特に直近の3年間は)、このキャラクタたちとそして技術評論社という版元と、どっぷり浸かって過ごしてきた数年間でした。

まずはその約束を果たせたことの安堵感と、そうやって取り組んだ結果がきちんと実を結んでくれて、毎年読者の方や書店さんが新版の出版を待ってくださることの幸せを強く感じています。

このシリーズをやると決めて、当時抱えていた連載を一気に畳んでいった時、収入は半分にまで落ち込みました。
予定では遅くとも3年くらいでケリをつけるつもりだったんですけど、ずるずると執筆が遅れて気がつけば7年。ようやく今年になって、当時の収入レベルに近いところまで戻すことができました。そういう意味でも、「新しい柱を生み育てることができたんだな」という、ひとつの区切りのようなものを感じています。

自分は、フリーランスになってから仕事の中で「○○期」というものを自覚することがよくあります。
もともとは畑違いで飛び込んできた業界ですから、右も左もわからないことだらけ。当然自身の伸びしろはたっぷりで、仕事をやればやるだけ成長が実感できます。でもいつしかそれにも停滞の時期が来るんですよね。当初立てた計画に対する結果も確認できた後であればなおさらルーチンワークに化けていく。
この時、「○○期が終わったかな」「じゃあ次の場所に行かないと」と感じるわけです。

結果が良い方に出ている間は、その場所に安住すると、すごく居心地の良い空間を作ってもらえるんですよね。だから油断するとついそこに居着こうとしてしまうんですけど...。
まだ、それに対する怖さがあります。安心してしまう怖さ。
安心は依存につながって、いつか仕事が影を落とし始めた時、自分で切り開く力をなくしかねないと思っています。つい反射的に「助けて」って思っちゃいそう。

実際、ずっとタッグを組んできた技術評論社さんに対しては、自分の中で「なれ合い」めいた甘えた感情が芽生えつつあることも自覚していて、そういう関係が築けたことに対する嬉しさがある一方で、言い様のない焦りというか「これじゃいかんなー」とどこかで警報を鳴らしてる自分が居たりする...。

あ、もちろんキタミ式は今後も大事に育てていきますよ!

その一方で、来年からは新しい場所、新しい取り組みを色々と試して、次の「○○期」と言える何かを発見する年にしたいなと思うのでした。そして、できればそうして得た新しいインプットを、今自分が抱えることのできた柱に対しても折々でフィードバックをかけていければと。

それでは今年も一年間、このグダグダしたブログにお付き合い下さいましてありがとうございました。皆さまよいお年を!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

About 雑記

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「雑記」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは色んな感想です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得