Web連載更新チェックアンテナ

メイン

雑記

080201.gif
昨年の反省点として、「仕事の効率を求めすぎた」というものがあります。
正直詰め込みすぎた。色んなことが重なったせいなんですが、それにしてもあまりに仕事の回転ばかりを気にしすぎてた。

そう思うことのひとつに観光があります。

昨年は講演で声をかけてもらって九州とか広島とか名古屋とか、アチコチ行ってたはずなのに、現地でやってたのって「講演の時間まで仕事が出来る場所探し」ばっかでしたもんね。せいぜい夕食をどこで食うかと歩き回った程度で、観光なんかは一切なっしんぐ。
講演が終わった後も、ささっと帰路について、車内や機内含めて「今日はあとどんだけ仕事に費やせるか」なんてことばかり考えてました。

なんとまぁもったいない。
そりゃ昨年の感想が「もう脳みそ疲れちゃったよパトラッシュ」になるわけですよ。

今年はもっと楽しもうと思ったりしています。
もっと色々見たり聞いたり感じたりして楽しまなきゃ自分の中が空っぽになっちゃうぞと。もっともっと人生を謳歌するんだぜくらいの勢いで、色んなものを楽しまなきゃいかんぞと。

そんなわけで、まずは手始めに2/2の広島講演ですよ。
どうせ前泊しなきゃ無理なスケジュールなのだから、2/1は朝イチで広島入りして、もうまるまる1日使って宮島観光にしゃれこもうと考えています。行ったことないんですよ宮島。
翌日もチェックアウト後に時間があるから原爆ドームを見たりお城を見たりするつもり。当初はレンタカーを借りてまわろうと考えたんですが、どうやら電車乗り放題チケットの方が楽しめそうなので、そいつでたんまりと広島名物を見て聞いてさわって食ってしてくる予定です。

…ところでですね。2/1っつったら、それはつまり今日なんですよね。

ただいまの時刻が午前2:00。あと4時間ちょっと後には家を出なきゃいけません。
んでもまだなんも出発準備ができてません。

…なんでいつもいつもオレはこんなお約束なのかなぁ。

あ、2/2は『マイナビ転職セミナー in 広島』で15:00から講演させていただく予定です。お時間のある方はにぎやかしに来ていただけると幸いです。

080111.gif
通販でポチリとしたマザーボードが到着して、筐体をあけて組み直して、一通りドライバの導入も終わって「よっしゃ直った」と思ったら、しばらく使った後再起動した途端にWindowsログイン時落っこちるようになって途方に暮れ、半泣きになりながらなんとか原因を突き止めて解消して「よっしゃ今度こそ」と思ったらサスペンドができないマシンになっていて…。

覚悟を決めてイベントビューアで起きてるエラーをいっこいっこ潰していったら、ようやくフル機能がちゃんと使えるパソコンが我が手に戻ってきてくれました。
というかですね。
「これを期に」と中のパーツ構成を見直してたら、入れる場所がなかったはずのTVキャプチャボードが使えるようになり、サスペンドからの復帰後に若干動作があやしかったはずのワイヤレスマウスが鉄板の動作となり…と、けっきょくトラブル前よりも使い勝手のいいマシンに仕上がってくれてたりして。

むぅ。

終わりよければすべて良し、なんですけど、今年は年初からそんなことが多すぎる気がします。ちょっとバイクの修理をと思ったら固着したピストンに泣きかけたり、ちょっと部屋に服掛けがわりのワイヤーを張ろうとしたら不良品にあって泣きかけたり、鍵を落としたり、革ジャン破けたり…他にも色々ありまして、なにかにつけてスムーズに行きゃしない。たいてい諦める寸前まで苦労するんです。
でも、最後にはなんとかなってくれて、しかも上々の仕上がりだったりするんですよね。

さて、年初からよろしくないな…というのはパソコンのことだけでなく、仕事面でも少し怪しげな雲がモクモクと頭上を覆い始めてたりいたします。自分のコンテンツに対して不満足どうこうという話ではないのが不幸中の幸いですが、周辺の事情にもまれて少しやばそうな気配がですね、ごにょごにょと。

一年の計は元旦にありというわけなので、多分今年は仕事に関しても「泣きそうになって、諦めかけるくらいに苦労する」年…になるのかなぁという気がしてきています。
でも、「最終的には前よりもよい状態が作れている」パターンでもあるみたいなので、くじけず投げ出さすに苦しい時期を乗り切れば、ちゃんと良い年の瀬が待っててくれるのかなぁ…とも。
きっとそうだ。そうに違いない。

つか、そう思わんと前途多難すぎてイヤになりますわね。

そんな一年のはじまりではありましたけども、それだけというわけでもありません。
子どもと遊ぶ時間に関しては、ちゃんとみっちり邪魔もなく楽しめたんですよね。しかも結構ハードに遊んでたけど、怪我ひとつなかったし。その点では、よい一年のはじまりでした。

つまりあれか、「家族に累は及ばない。ただし自分は苦労する年。それで諦めなければ良い年の瀬が迎えられる…はず」となるわけか。
考えようによっちゃいい年なのかな。うん。

080107.gif
マザーボードが逝ってました。しくしくしく。

071228.gif
年内の仕事も片付いて、年初に待つ締め切りラッシュ…が怖いので、先ほどそれ用の原稿まで前倒しで片付けてメールで入稿して、これにて無事に本日仕事納めと相成りました。
バタバタのドタドタでスケジュールがわやくちゃになった時はどうしようかと思いましたが、ここへきてどの連載分もストックを作れる程度には復旧してくれているので、来年は編集さんたちにも少し安心してもらえそうだと、ほっと胸をなで下ろしてます。

で、タブレットペンと綿手袋とをそっとしまって、一年間ありがとうございました…と。
もっとも、まだ年賀状づくりが今さらながら残ってたりもするもんで、こいつらにはそっちでもうひと頑張りしてもらわなきゃいけないんですけども。

さて、仕事納めときたら一年間の振り返りとなるわけですが、しょうじき振り返ると頭がパンクしちゃいそうなくらいに整理できてません。色々あった…というか、ありすぎたもんなぁ今年は、というのが正直なところで、その変化にまだ追いつけてないのが実状かなぁと思うんですね。年末年始を極力ゆっくり過ごすようにすることで、頭の中を整理したいと思います。

仕事面でいえば、年初にたてた売り上げ計画は無事に達成できたので、その点は合格なのかな…と。講演という思わぬ仕事を依頼してもらえるようにもなって、おかげでアチコチ出かけて生の声を聞けるようになったのはうれしい変化でした。
連載についても、特に打ち切られることなく続いてくれているし、来年頭には新連載候補の打ち合わせを2本ほどこなす予定にもなっているので、その点も良かった…のではありますけども。目を回しながらなんとか一年乗り切りましたー感が強いので、来年も再来年も世の中からいらない子呼ばわりされないように、ちゃんと都度自分の中に落とし込んでいくものを作らないとなぁという焦りも少々あったりなかったり。
そういう意味では、来年は少し腰を落ち着けて、頭の中の空回り感をいかに解消するかという辺りを、もうちょい重視しながらやっていきたいと思うのでありました。

そういえば、クルマを買いました。ひっこしてきた直後、うんうん唸りながら作ったお手製の駐車場に、中古のオンボログルマではありますが、ようやく主ができました。
左ハンドルだったり、教習所で乗った以来のMT車だったり、屋根がウィーンと開いちゃったりする代物ですが、これについては機会があればまたお目見えすることもあるかと思います。

それでは、まだお疲れ様進行中ですの方もお疲れ様でしたの方も、皆さんよいお年を。
来年もどうかよろしくお願いします。

071225.gif
本日更新分の『SOHOの家づくり』(アンテナの調子が悪いので反映されてないかもしんないですけど、今日更新されてます)を書いていて、ふと先月亡くなった義父のことを思い出しました。

カミさんとこって妹さんがいるだけなので、お義父さん以外は皆女性なんですよね。んでもってお義父さん以外は、ルーチンワーク的な仕事経験しかないもので、そのせいかどうも仕事に対する認識が甘い…ような気がする節があったりなかったり。
そのあたりでカミさんに対しても、「わかれよ」とイラつくことがあったりなかったりすることもあるわけですが、本人同士だとどうにも角がたつばかりでよろしくない。自分の言い方が悪いせいもあってか、たいていが「意地をはられて余計困ったことになる」ばかり。

そのへんで、よくお義父さんは代弁者になってくれてたなぁ…と。

そんなことをふと思い出したのでした。

え?なんか本文中にやたらと煮え切らん書き方の文が混じってる?
だってそれはアナタなんというかアレですよ。大人としてですね。分別をもった大人としてですね。
えっと…。

怖いもん。

071220.gif
一社目の会社を辞める時に、皆で笑い話のように言ってたセリフが「後ろ向きに前向きだよ」というものでした。「やれるやれる」「がんばれるがんばれる」と正面を向き続けるのだけが「前向き」ってわけじゃないんですよね。進み続ける限りは、どこを向いてたってそれは「前向き」なんだと思います。

とはいえ、そのサジ加減が難しい。ともすれば、なんでもかんでもすぐ諦めちゃう人になっちゃったりもしますものね。

思えば20代の頃は、いつも「まだできる」「まだがんばれる」「もっとやれる」と自己暗示をかけながら、賢明に前を向き続けていたように思えます。絶対諦めなくて、意地でもしがみついていて、そうしてこそきっと向こう側の何かが見えるようになると思うんだ。なんて考えてた。
間違っちゃいないと思うものの、ずっとやり続けるもんでもないかなぁなんて今は思います。

そんなわけで最近は、「あ、こりゃ今のオレには無理だわ」という結論を、あまり抵抗なく受け入れられるようになりました。「できない」という言葉を毛嫌いするんじゃなくて、「わははー、そりゃ今のオレの力じゃ足りんわなー」と笑っちゃうような感じ。

だから何が変わるわけじゃないんですけど、そーすることで前よりも素の自分と向き合えているような気もしたり。個人的にはしなやかさが増したのかなーと思ったりするのですが、単に人間がゆるくなってぐにゃぐにゃしちゃっただけなのかもしれません。

と、忙しさがひと段落した今、思ったりするのでありました。

そーいえば、今年は打ち上げや忘年会のお誘いをすべて来年に持ち越しさせていただいてたんですが、ここへきて「ちょっと落ち着いたかな」となった瞬間にスパッと一件お誘いのメールが飛んでまいりました。まさにジャストタイミング。
そんなわけで、今日は「WEB+DB PRESS Tech Meeting」とかいうイベントに出かけてまいります。その後打ち上げもあるみたいなんで、久しぶりの酒の席だとえらく楽しみだったりして。
そーいやカラオケなんてものにも長く行ってないなー。行こうって話になったりしないかなー。

071218.gif
昨年から今年にかけてずっとなんやかんやと忙しく追われる生活が続いてきてたんですが、今月に入ってからようやく普通に家族と過ごせる時間が増えてきました。
なにもなければ当たり前としか思わない生活なんですけど、その当たり前がずいぶんと遠のいてたなぁ…と。家にひとりでいて、一日誰とも会話しない生活ってのも長かったし。それだけに、「当たり前」の有り難みが身に染みる今日この頃です。

夏頃にこちらの本の単行本化に絡んで精神科医の先生にインタビューした時、仕事そっちのけで話を聞いちゃうくらいに、「オレ、やばいかも」と危険信号を感じたことがありました。なんというか、思考が上滑りしてじっくり考え込めなくなってきてたんですよね。焦りなのか疲れなのか知りませんけど、とにかく「急げ急げ」とそればっかりが頭の中で鳴り響いてた。それを無理矢理に押さえつけてなんとかかんとか制御してましたけど、余裕なんか全然なくて。これはちょっとクールダウンの時間を作らんといかんなと。
ただ、その後も色々コトが起きちゃってたもんで、「やれるとこまで」とやってるうちになんか気がつけば12月で。夏に「やばいかも」と感じた身のウチに関しては、かなり頭の中で鳴り響くアラートを無視したままここまで来ちゃった感があります。

で、ここ数日落ち着いた生活をしていたらですね。明らかに快方に向かってるって実感があるんですよね。
仕事に関しても、〆切に追われる状態から多少はストックを貯めていける状態に変わりつつありますし、とっちらかって廃墟状態だった仕事部屋も、少しずつ少しずつ片付けられる時間が取れるようになってきて、おかげでちょこちょこと運動する時間も作れるようになってきた。そしたら身体が中から元気になってくるので、また色々進むようになってきて…。

ぐつぐつと脳が煮えちゃってたんだろうなぁと、今はそんなことを思うばかりです。

「水の状態からゆでていくと、気がつかないうちにゆであがって死んじゃうカエルの話」を「ゆでがえるの法則」とか言うらしく、たまに拙著でもその法則については触れてたりするんですけど、「まだやれる」「まだできる」と思ってるうちに、すっかりゆであがりつつあったのかなぁ…なんて思うわけで。

あせらない、あせらない。
うん、これですね。あせらない。
〆切が来ても、あせらない。

いや、それはちょっとだけあせろう。

071130.gif
なんか熱が39度とか出てやがりますよ。
なんだこれ。

「インフルエンザじゃないか?」と、ただいま隔離生活がはじまろうとしております。

071129.gif
「してます」っつっても、昨日はじめてしただけですが。何年ぶりだろうなぁ、ひとり暮らしの時はしてたけど、結婚して以降は昔かみさんが寝込んだ時に一回雑炊作ったくらいだな。

…というわけで自炊ですよ。
幸いにも千葉に残った私と娘はウイルスにやられてなかったみたいで(カミさんと息子はナントカ腸炎になってたらしい)、腹痛もぜんぜんたいしたことなくおさまってくれました。んで幼稚園に迎えに行かなきゃならん時間となって、さて晩飯をどうしたものか…となるわけですが、そこで久しぶりに自炊してみることにしたのです。

岳父闘病中のドタバタで千葉に1人で残った時なんかは、ずっと一週間外食続きとかいう生活を普通にしてたんですけども、やっぱそうすっと明らかに体調がおかしくなってくるんですよね。さすが外食です。何が入ってんだかわかったもんじゃない。
まぁ、年のせいで抵抗力落ちたってのが、その根底にはあるわけですが。

で、そーしたもんを娘に食わすのはどーなんだとなりまして、毎回留守番するたびにそんな食生活させちゃいかんよなという思いもあって、「自炊すっか」となったわけであります。
あー、ナポリタンひとつ作んのに、えらく大仰な文になってるな、我ながら。

普段はカミさんに叱られてばかりの娘も、なんか特別なイベントとワクワクしたのか、飯作ってる間にお風呂を洗ってくれたりと、なんかすんごく大活躍で。
さらにはあんまり食に興味を持たない性格でもあったはずなのに、作ってる横からパクパクモシャモシャとつまみ食いまでする始末。作りすぎたはずのナポリタンが、見る見るなくなって行くのが圧巻でした。

昨日はサラダ作るのを忘れてしまったので、今日はちゃんとそのあたりまで考えたメニューにしたいと思います。メインは何にしよう。肉がいいな、肉。

071128.gif
昨夜、下の子がいきなり「コパァ」と吐きました。生まれてこの方、ケロケロと吐いたことはなかった子なので、こりゃどうしたことかとびっくりしてたら、その後も「コパァ」「コパァ」と吐きっぱなし。

この晩は、本当ならカミさんがこの子を連れて実家へ帰る予定だったんですが、これじゃ動かしてやるのはかわいそうだということになって、ひと晩様子を見ることに。朝になって少しは吐き気が落ち着いたのを見届けてから、車で実家に向かいました。
千葉には私と娘が残ってお留守番です。

んで、夕方に様子伺いの電話を入れてみたんですよ。
悪い物でも食べたのか、はたまたおなかにくる風邪でもやっちゃったのか、はてさてどっちだろう…と。

そしたらカミさんがダウンしてました。吐き気がものすごいらしい。熱はないのでインフルエンザではないっぽいんだけど、かなりタチの悪い風邪であることは間違いない。

「あんたこれきっついよ。ちょっとでも胸がムカムカしてきたら怪しいよ」

…そんなありがたいお言葉をいただいて電話を切りました。
で、それから約1時間ほどがたちまして。なんだか妙に腹が痛いわけなんですけども。

はたしてこれはなんなのか。
そして幼稚園にいる娘は無事なのか。

そんな、プチアウトブレイク状態にある我が家なのでありました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26

About 雑記

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「雑記」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは色んな感想です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

おすすめソフトウェア(広告)

フィードを取得