Web連載更新チェックアンテナ

メイン

雑記

070620.gif
…というわけで、ようやく自宅の引き渡し以降ずーっとずーっと懸案事項になっちゃってた補修工事がひと段落いたしましたのでした。

詳しくは「SOHOの家づくり」にて。

070530.gif
…というわけで「SOHOの家づくり」へGo。

070525.gif
朝からギコギコガコガコと補修工事が入ってました。
…というとこまではいいんですがと、けっきょくまた「SOHOの家づくり」をリアルタイム日記にしちゃったり。
詳しくはそっちの連載で

ざんざか降る雨が、ちょうどいい心象風景になっとります。

070522.gif
国民年金だ自動車税だと、ドカンドカン金が飛んでくこんな時期。皆さんいかがお過ごしでしょうか。
私は穴ぼこ掘りに心血を注ぎながら、毎日を過ごしておりますです。

あれですね、駐車場にするんだい用の穴ぼこ堀り。
いつか車を買ったら、ここに迎え入れるんだぜい用の穴ぼこ掘り。

でも、せっせせっせと掘るんですけど、あまり完成に近づいてる気がいたしません。なんか、ちょっと気が向いたら掘る。ちょっと気分転換に掘る。そんな感じでちびちびとなんですよね。
でも雨が降ったら周りの土が溶け落ちてきて、せっかく掘った分が埋まってきたりして。そしたらまた掘る。ちびちびと掘る。

完成するんでしょうか、これ。

なんというか「完成させるぜ!! 駐車場作るぜ!!」というよりも、「購入のために前向きなことしてますよ」というポーズを、他でもない自分自身にしてみせて、それで気を紛らわせてるような気がしないでもありません。
そんな暇があれば、せっせと仕事を増やせばその分購入に近づけるはずなんですが…。

なぜかこれがそうできない。わかっちゃいるけどやめられない。
我ながら困った性分です。

070509.gif
昨日は東京の方でお仕事があって、なんやかやと打ち合わせて時計を見れば、時刻は夜の11時。
なんかイヤな予感がしたんですよね。

で、駅にむかいつつGoogleトランジットっつー乗り換え案内サービスを使って、ケータイでダイヤの確認をしてみたところ、「到着時刻は朝6時過ぎ」なんて出やがんの。JR横須賀線のホームに向かいながら、どういう意味だろうと考え込んじゃいましたですよ。

「始発を待てってことかー!!」とその意味がわかったのは、1~2分ほど固まった後のこと。
さすがというか、田舎の夜は早いのです。

確か千葉方面の駅から深夜バスが出てたはずだなぁと思い至ったので、くるりとUターンして別の路線に乗り換えて、どんぶらこっこと1時間弱ほど電車に揺られて、駅前ですったもんだあってバスを探し歩いて、なんとか見つけて乗り込んで、自分ち方面に直通なんだすげーなーとか思いながらまたまたどんぶらこっこと揺られて、なんとかかんとか自宅にたどり着くことができました。
東京駅からも深夜バスが出てるのは知ってたので、今回のコースとどっちにするか悩んだんですが、結果的にかなり安く済んでくれたみたいなので、これで正解だったんだと思います。

だって普通に電車で帰る運賃に500円程度足しただけだもの。

ところでこのバス。バスというか、10人程度が同乗する形の「乗り合いタクシー」だと言った方が正しいんですけどもね。これに乗ってたら、ふとハワイに旅行した時のことを思い出しました。
あっちでなんかアクティビティを申し込むと、よくこんな車でホテルを巡回して、やっぱり10人ほどを乗っけてから出発してたよな~と。あれに似ている気がしたのです。

自宅近くまで来ると、乗り合わせている人たちが「あ、このヘンで」とか言いながら思い思いの場所で降りていきます。その度に、酒臭かった車内の空気が、すこし澄んだ空気に入れ替わる。ちょっと湿り気のあるヒンヤリした空気が心地良くて、あー、これはこれでなんかいーなー…と。

自宅までの経路にこんな選択肢もあるってことが、なんだか無性におもしろく感じた夜なのでした。

070508.gif
まじめにゾッとしました。なにがって大阪府吹田市の「エキスポランド」という遊園地で起きたジェットコースターの脱線事故。あれです。

ワタクシ、出が大阪なもんですから、このエキスポランドという奴には何回も行ったことがあるわけです。
といっても「やー、それじゃーこのジェットコースターにも乗ってたのかもねー怖いねー」なんて話ではなくてですね。そう、思い出すのは高校1年生の課外授業でありますよ。

その日、なんか知らんけどウチのクラスは課外授業という名目でエキスポランドに行っていたのです。
そしたら当然、色んなアトラクションに乗る話となるわけですが、その中に「空高く浮上して、そこでぐるぐる回り続けるブランコみたいな乗り物」というのがありました。乗車人数の関係で、私はこれに1人で乗ることになったんです。

ブーとかいう運転開始のブザーが鳴って、どんどん乗り物は上空へと移動します。
これ以上は上がらんなというあたりになると、もう回転運動も最高潮で、ぐるんぐるんぐるんぐるん高い高いお空でわーいと回り続けるわけですよ。

ふと、「この安全バーがもしはずれたりしたら、オレって地面にまっさかさまで、間違いなく"死"だよな」との思いが脳裏をかすめました。で、ちょっと不安になって「まさかはずれないよな」と安全バーを軽く押してみたんです…。

バタン、と。

あっさりはずれやがんの。

もう大あわてでですね。
必死で安全バーをもとの位置に戻して、渾身の力でバーを自分の身に引き寄せて、同時に座席の背もたれにも必死でしがみつきました。そして「早く終われ早く終われ早く終われ早く終われ早く終われ早く終われ」と、頭の中はそれ一色。

とりあえず落っこちずにすんだんで、私は今ここでこうしてブログを書けてます。

…というお話を、ニュースを見て思い出しました。で、ゾゾッとしたと。
あの時乗り物が止まった後でクラスメイトにそのことを告げたんだけど、「そんなわけない」とあまり本気では取り合ってもらえなかったんですよね~。悪い冗談を言ってるんだろうと、そう思われたみたい。
「そんな危ないものを運行してるはずがないだろう」という意識がそう思わせたのは、想像に難くありません。

でも、考えてみたら花博の時も、よく脱線したりしてたよね。

今回のニュースをテレビで見る度、「あそこに出てる写真は、ひょっとすると自分だったかもしれない」なんて思えて、じんわり怖くなります。

070507.gif
車社会であるこの地域を生き抜くために、いつか欲しいな2台目の車…ってわけで、駐車場の増設に着手したりなんかして。敷地西側に荒れ地状態で残ってる土地を掘り下げて、そこに砕石を入れて枕木を敷いて、その周囲を芝生で敷き詰めて「あら、なんだか自然と共生してるウツクシイ駐車場ですわね」というつくりにする予定です。

ああ、スバラシイ。
もっとも、車やバイクからすれば、地面から湿気があがってきちゃうわけだから、決して喜ばしい作りではないんでしょうけども。いいんだそれは。ここは見た目優先で行くのだ。

ただ、作業にあたっては、地面をちゃんと平坦にしてやんないといかんので、やみくもに掘るというわけにもいきません。今ついてる勾配を消してやらなきゃいかん。そのためにはあれだな、掘り下げる区画をちゃんと糸なりなんなりで囲うようにして、その糸側であらかじめ平坦とっとかないとキビシイなぁ。
…なんてことを考えてたら、いい加減敷地の境界に柵をもうけて欲しいという嫁さんからの要望があり、それには境界杭と境界杭を糸でつないで、柵なりなんなりを打ち込む下準備をせねば…ということになるわけで、んじゃどっちでも必要なもんだからと、まずは糸を張るために杭作りを行うことにいたしました。

そっからかい! …という気もしますけど。

それ用にと、あらかじめ2m級の端材を2本買っておいたので、これを40cm間隔で切り分けて、先端を4面とも60°くらいで切り落として、ちっちゃな杭を計10本作る計画です。
で、ソーガイドという「手ノコでも、簡単きれいに直角切りができますよ~」という便利道具を頼りに、手ノコでギコギコとやっておりました。

本当なら、引っ越し後はさっさと電動丸ノコを購入する予定だったんですよね。
それが、調べれば調べるほど「丸ノコってもんは一番キケンな電動工具」という言われ方をしてるのがわかり、ちゃんとした手順を踏めば大丈夫だろうとは思いつつも、子供に怪我でもさせちゃったら…とか、商売道具の手が傷ついてしまっては…などというリスクをしょってまで必要か? という葛藤があり、けっきょく「手ノコが一番」という結論に至ったのです。
これで、必然的にウッドデッキの自作は無理になりました…が、まぁしょうがない。どうせいつ時間が取れるかもわかんなかったし。

なんてことに思いをはせながらギコギコと。

ギコギコと。ギコギコと。
切りながら思ったんですが、なんか自分の場合はこれくらいのテンポでギコギコジタバタやれるくらいが、ちょうど性格的にもあってるような気がします。

んで、それなりにそれっぽく見える杭が10本できて、それなりにそれっぽくアチラコチラにカンカンと打ち込んでみて、それなりにそれっぽく見える出来映えにフフンとそれなりにご満悦。
最近は「怪我が心配」との理由から、「できればバイクの鍵を取り上げたい」と編集さんに言われたりすることもあったりなかったりなので、極力怪我を避ける方向でこういう選択肢をとっていくことも大事なことなのかなぁ…などと思ったりもしています。

070502.gif
先日、新連載の打ち合わせで技評の編集さんが新居に来たんです。で、その後送られて来たメールにですね、こんな文がありました。

「自分も見ました。なんか得した気分でした」…と。

なにかというと、キジ。

うちから駅までなんて歩いていくらもかかんないのに、この編集さんもうちを出てからの帰り道で生のキジに遭遇したそうなんです。
前に自分が見た時は雨の日だったので、「ああ、人が出歩いてないから迷い出てきたのかな」くらいに思ってたんですが、その日は朝から快晴でした。むっちゃ快晴で明るい真っ昼間に、迷い出てきたもないもんだ。

…ということはつまりあれですよ。
普通に歩いてやがんのか、キジ。

まぁ、確かに雨だろうが晴れだろうが、あんまし人が出歩いてないことにかわりはないですが、にしても慎みをもっと持てと。おまえはハトかと。

ちなみに夜このあたりを車で流していると、ついついカーステレオの音を止めてしまう自分がいます。
右からも左からもケロケロケロケロケロケロケロケロと大合唱でですね、これがすごくいい。自然の唄声は、しみじみ懐かしくてニヤつけます。

070426.gif
なんかここ数日、「気がつくと日付が変わろうという時間になってる」なんて生活をおくっています。忙しくて大変だとかいうのではなくて、時間の使い方がむちゃんこヘタクソになってるだけ。やるべきことをやるべき時間に終わらせるというのができてないので、ずるずるずるずると時間に追われるはめになって、その挙げ句「イヤだイヤだ病」にかかって効率が悪化して…という悪循環にハマりこんでいるのです。

そんなこんなで2日ほど更新がストップしてしまいました。申し訳ありません。すんません。

告知しなきゃいけないこととか、書きたいこととか色々トピックはあるんですけども、なんか色んなことが追い切れてないです。まいりましたです。まいっちんぐマチコせんせいです。こんな陳腐なフレーズを臆面もなく使う自分に、さらにこれまたまいっちんぐです。

ちなみにここ数日で一番驚いたことといえば、「打ち合わせに行こ~」と駅へ向かったら、普通に野生のキジが目の前を歩いていたことでした。ギギィとか金切り声あげちゃってんの。

リアル桃太郎の世界ですかと。
すごいなぁ、ここ。

070419.gif
今日は朝からお出かけで、打ち合わせを2本してきたり、その後ヨドバシカメラで値切ってみたら思いの外安くものが買えておののいてみたり、前から読んでたブログの主が実はすっげえご近所さんなことが判明して驚いてみたりと、色々盛りだくさんな1日でした。

で、じゃあそのへんのことを今日は書こうとか思ってたら、そうこうするうちに嫁さんと娘らが帰ってきて、そしたらなんかバタバタしはじめちゃって気づいたら夜になってて、ああいかんいかん仕事進んでないぞいかんいかんと思いながらあっという間にもうすぐ日付が変わりそうな時刻になって冷や汗たらり。
いよいよ待ったなしだ仕事に取りかからねばと、ソファーの上のものをなにか取ろうとして、身をのりだしたら膝の下でパキポキという音が鳴りました。

ん?
膝の下には嫁さんのジャンパーがあるだけなんだけどなぁ…とめくってみたら、その下から娘が大の大のお気に入りにしているシンデレラのティアラが出てくるじゃないですか。手にとってみると、なんだかとってもシュールな形状に変わっていて、ソファーの上には、キラキラ光る破片がいっぱい落ちています。

娘的にはかなりショッキングな光景であるのは間違いありません。

これはいかん、朝までに補修せねばと周囲を見渡せば、そこにあるのはダンボールの山。
当然、どこにボンドがあるかなんて、ひと目でわかるはずもなく…。

…長い夜になりそうです。
なんかため息しか出ないやもう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

About 雑記

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「雑記」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは千葉のいいとこです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加