Web連載更新チェックアンテナ

メイン

雑記

20150630.png
日本イラストレーション協会に入るとき、既存会員の方の作例をパラパラと見て、印象に残っていたのが榎本よしたかさんでした。イラストや絵に対して好き嫌いがあるのは誰しもですが、この仕事に就いてからそれとは違うベクトルで、絵柄を見て「この人とは友人関係になれそうだ」とライン引きするような変なクセが自分には出来ています。

榎本さんの絵はそうしたアンテナにひっかかるものだったので、いつかお会いしたいなーとか思ってたんですけど、『トコノクボ』というエッセイで話題になったと思うとメインの法廷画家の方でも取り上げられだしてあれよあれよと有名作家さんの仲間入り。テレビでもお見かけするようになりました。

だから親睦会の会場でご本人を見た時には「わ、本物が歩いてる」ってなもんですよ。
もうすっかりスター。

とはいえせっかくだからせめて挨拶ぐらいはしておきたい。なので、会が落ちついてお邪魔にならんあたりでするする~と近付いてって挨拶しようかなーと思ってました。

そしたらですね、近くを通りがかったと思うと胸に貼った名札を見て「あ!きたみさん!」と。まさか向こうから声をかけてくれるとは思ってなかったのでびっくり。ツイッターで何度かやり取りさせていただいたことはあったので、それで認識してくれていたみたいです。

で、名刺交換させていただきましてですね。しばらくそのまま話相手になってもらって。

腰が低いんですよね。これだけ露出増えてたら「俺はちょっと有名人さんなんだぜ」的オーラかもしだしててもおかしくないと思うんですけど、そんな気配みじんもなし。
いつか自分がなんかまちがってテレビとかいっぱい出ちゃう有名人になったとしたら、この日のことを思い出して見習いたいなーと思いました。

親睦会では他にも、木工所の社長イラストレーターさんとか立体イラストレーターさんとか、おもしろい肩書きの人にも多数お会いすることができたので、本職のデザイナーさん含めて「どんな仕事なんですか何やるんですかどんな仕事の流れなんですかどう売り込むんですかどんなお客が理不尽なんですか」と、好奇心のおもむくままに聞きまくってきました。それで何を仕事につなげるわけでもないんですけど、自分以外の人の仕事の話ってすごく好きなんです。めっちゃ好き。その人なりの工夫とか入ってたらもう大好物。

フリーランスの集まりに行くと、こういう質問にガンガン答えてくれるのが楽しくて仕方ないです。
本当はサラリーマンの人にもガンガン答えて欲しいんだけど、あんまり答えてくれないんですよね。「しがないサラリーマンですよ」とかいって。あれつまんないんだよなあ。

20150629.png
自分は今「日本イラストレーション協会」というところに籍を置いてます。そこの総会が週末に東京であったのです。総会自体にさして興味はないものの、その後には大御所イラストレーターさんのお話を伺う機会があったり親睦会もあるというので、「正しい大人の姿としてはこういう集まりにも足繁く通わねばならぬ」そんな風に考えて東京まで出かけてきました。そろそろ正しい大人を志してダメな大人から脱却を図らねばならんと、たまに思うのです。たまに。

言うまでもなく、私はプログラマ畑から流れてきた身なので、美術というものに対する造詣は深くありません。なんだかんだと出版絡みで飯を食って10年過ぎましたけど、実のところ印刷物自体に対する造詣も、こうした仕事に対する造詣も今もって深くありません。コンペとか何?って思うし。

そうするとですね、講演の最中みんながうなずいてることごとくがわかんないんですね。
特に人名。時折名前が出る度に「おおお、そんなところにつながりが」みたいにどよめく空気が生じたりするんですけど、北斗の拳の無想転生状態よろしくこの空気がすべて私の体はすりぬけていくわけですよ。無敵モード。どんな攻撃も我が身を驚かすには至らず!みたいな。

んで、「この圧倒的なアウェイ感久しぶりだわー、なんせプログラマ出身の人とかまずこっちで会わないしー本当に美大出身の方の話とか聞くと劣等感しかないわー」と思ってたんですけど、よく考えたらプログラマ畑に就職した時も「機械系学んでたから、ファイルとかフォルダとかなんもわからんわー情報系出身の人らと話すと劣等感しかないわー」とか思ってたんでした。

冷静に振り返ると、自分の社会人生活ってアウェイでぼっちの劣等感しかない。

そしてじゃあバイククルマ業界の方に首をつっこんでみれば機械系出身だから話がわかるのかというとですね、勉強ぜんぜんしなかったからここでもやっぱりアウェイ感しかないという...。

勉強って大事。将来をちゃんと考えて進路を選ぶって大事だなーと、久しぶりに自分の愚かさが突きつけられて笑っちゃった週末でした。

20150622.png
ここんところやたらと頭を使う仕事をしています。それがまた悲しいほど進まなくて、1日のノルマを決めて取り組むんだけど、夜になってもぜんぜん終わらない。そのうち「逃げたい逃げたい逃げたい逃げたい」と脳がイヤイヤモードに入っちゃって、机の前に座るも原稿進まず。したがって帰れず。したがって寝るのも遅くなりあまり睡眠時間が取れず。

という悪循環が続いてました。

脳の睡眠が足りてないなーという時は、大きな音にやたら脳が反応してビクンと萎縮したり、考えようと思っても気がつくとぼーっとしてたり、何かにつけ頭を使うのが嫌になったり、という症状があるように自分では認識していて、もう毎日その症状が出まくり。そのせいか時間もあっという間に経つばっかりで、毎日を無駄にしている感がすごく、「あーこりゃいかんなー」というドツボにはまり込んでました。

そんなわけで、もう何もかも振り切って「今日からノー残業デーとする」なんて決めちゃったりして。
理想は9時出社で5時退社。現実的には6時退社で行こう。それだと今は明るいうちに帰れちゃうな。それはすごい。家路につく時間が明るいと、「まだ今日はいっぱいある」とか思えて楽しいんですよねこれがね。

可能かどうかは別として、すっぱりはっきりそう決めた。

仕事が終わってなくても、5時になったら帰り支度。そう考えると、昼飯食った後13時の「午後の部スタート」という瞬間が、その時の気の持ちようが全然違います。だって後4時間足らずで帰れちゃうんですよ。楽勝じゃないですか。

数日をそれで過ごしてみると、不思議と仕事の進みが良くなりました。夜中までやってた時よりも明らかに進みはじめてる。
なんだかんだと切りの悪い状態の時は、「しょうがない、もうちょっと頭の中身を吐き出しきって帰るか」と決めて残業して帰るんですけども、それだって「まだ帰れない」じゃなくて「頭の中に残ってるものを吐き出しておかないと気持ち悪い」から残ってるだけであって、終わりはスッキリした気持ちで帰れてるんですよね。

そうして迎えた週末。最近にないくらい頭がスッキリしてる気がしたので、「記憶力勝負じゃ完敗、勝てないわ」とあきらめてた息子との神経衰弱勝負を久しぶりに挑んでいみたところ...3戦して2勝。しかも最後は超大差勝ち...。

1回の自分のターンで4ペア5ペアとめくっていけるんですもん。こりゃ楽しいや。

と思ってたらめっちゃキレられました。キレられても手を緩めることなくめくり続けたので、昨夜から口をきいてくれなくなっておりますが、ワタクシ的には非常に満足しております。

さあ今週も、ノー残業デーでがんばるぞ-。

20150611.png
神戸連続児童殺傷事件。酒鬼薔薇聖斗という名前が有名なこの事件が起きた時、自分はまだ20代半ばで、想像力の足りていないガキでした。だから「酷い事件だ」とは思いながらも、遠い世界の話のようにニュースを見ていた気がします。

今自分の元には今年10歳になる息子がいて、「もし」と考えれば多少は置き換えて想像できるぐらいの脳みそが出来ました。
ちょっと考えただけでも脳みそが拒否します。はらわたが煮えくりかえる。あらためて「酷い事件だ」という思いを強くします。

その犯人が手記を出すと。ニュースでかいつまんで紹介された部分を見る限り、どうやら主役は自分自身。どこまでも自分自身。当時自己顕示欲の塊のように見えた犯人は、今もって自己顕示欲を抑えきれずに生きているんだなあと思わずにいれません。

その顕示欲を、未だに匿名性の影に隠れた向こう側から満たそうとする行為。そして、自分自身は匿名性を守りつつ、被害者の子どもたちは、平気でその実名を連呼して本文に記している様子...。

すごく頭にきました。どこまで卑怯なのかと。

自分が被害者家族だったともし考えれば、犯人に自分の子の名前を口にされるなんて、想像しただけで怖気がします。「お前が俺の子を語るな!」と錯乱状態に陥るような気すらします。

願わくばこのような本がベストセラー入りしませんように。
「俺も一発当ててやるぜ!」という言葉が、後ろ向きの暗いキチガイじみた行為と感情の発露に変質したりせず、前向きでチャレンジ精神に溢れたおバカな若者の言葉のままであり続けますように。

20150605.png
冬の間、まったく成長することがなくて今ひとつ面白みに欠けていた仕事場のウンベラータちゃんですが、5月に入って晴れ間が続きだしたあたりからぐんぐん成長を見せるようになりました。毎日なんかしらつぼみが開こうとしてる。

茎の先端につぼみができてですね、それがパチッと割れて、中から葉っぱが出てくるんです。その葉っぱがうにょ~んと出終わったら、その根本あたりからまたつぼみがにょきにょき出てきて、また割れて、うにょ~んと葉っぱが伸びて...の繰り返し。そうやって背丈も伸びていくようです。

葉っぱが生い茂っていく様は見ててうれしいんですけども、この「パチッと割れて葉っぱが出てくる」姿が、なんかこう、サナギを割って出てきた蝶が羽根を伸ばしてるところっぽいというか、なんかセミの羽化を見てるようだなというか、はっきり言えばちょっとキモい。
アサガオなんかで双葉が生えてくる様は可愛いのに、なんでこいつはこんなグロいんだろうなーとか思いつつ、それもちょっとクセになりつつある近頃です。

20150604.png
第1セット第2セットのノリでそのまま終わってたら悔しくて仕方がなかったでしょうけども、第3セットからは錦織の良さが出てきたし、それで逆転して終わるかと思えば、ツォンガがさらに自分の良さを思い出して錦織を上回ってみせるというですね、なんか漫画のような展開で熱くて夢中になれる試合でした。

漫画といえば思い出すのは塀内夏子さんの『フィフティーン・ラブ』。日本人がグランドスラム決勝へ行くなんてのは夢だった時代に描かれたテニス漫画で、『ベイビーステップ』が登場するまでは文句なしに最高のテニス漫画でした(ベイビーステップとだと甲乙つけがたい)。
最後にね、ウインブルドンのセンターコートに日本人が立っているのを見て記者が涙ぐむってシーンがあるんですよ。「立っている」というただそれだけで感動できて涙でカメラが構えられなくなるような、その感情が読み手の側にもぐっと伝わってくるシーン。

錦織選手が出てきた時は、「いつかフロックでそういうシーンが見れるのかもしれない」と思ったもんでしたが、気がつけば漫画を越えて、もう押しも押されもせぬ優勝候補。
今回は負けてしまいましたけど、そういう存在を応援できる時代にいるってことが毎回楽しくて仕方ないです。

20150602.png
昼飯を食ったらそのままズルズルと引きずり込まれて離してもらえない魔窟。それがコタツ。
さすがに30℃を超す日が連日続いているので、お別れすることに決めました。

梅雨寒への備えとしてもうちょい置いとこうかとも思ったんですが、湿気でじめつく中、部屋の中央になんか湿気の固まりみたいな存在がいて、そこで打ち合わせってのもちょっとねえ...と。

そんなわけで、今日は朝からお洗濯。こたつ布団カバーを洗って、来年に備えるのであります。

20150528.png
アニソンを聴いて精神面を盛り上げるとともに、最近は忙しさにかまけてやめちゃっていた運動にも再び手を出し始めてます。

「健全な精神は健全な肉体に宿る」という言葉は、単なるスローガンであって、「運動したら健全な精神が宿るよ」なんて格言ではないのは昨今の常識になりつつありますけど、体のサイクルにあわせた運動を定期的にやってあげることが「身体的な活力が精神的な活力にもつながる」「すっと集中できる」「目覚めが良くなる」「体の不調によって集中を妨げられることがなくなる」といった効果につながるとは思っています。

実際、体にスジが1本通った状態を保っていないと、一日座り仕事してたら背中が痛くなってきて耐えられないんですよね。ついこの間までの自分がそんな感じでした。

最近は「時間までに行けないから」と足が遠のいていた空手道場にも「たった20分30分でもいいから、顔を出せるなら出すようにする」と決めて、少しずつ、少しずつ、体に運動を思い出させてます。そうすると体の方から「もっと動きたい」と言い始めてくるので、じゃあそれにあわせてランニングしてみたり、無理はしないようにしながら、気持ち良い範囲で少しずつ。

とはいえ、道場だと一応指導員なので、相手ありきの組手になるとなかなかそうもいきません。動ける人が来ると指名が入って「やろーぜー」ってなことにもなるので、そしたら脳みそが「ここまで動けるはず!」みたいな感じで反射的に無茶な指令を筋肉に出しやがるしで...。

とくにここ数日、無自覚なままオーバーワークになっちゃってたようで、昨日から足に力が入りません。ぷるぷるしちゃう。昨日は手首にも力が入らなくなってたので、「床に座ろうとする」→「足に力が入らない」→「前のめりに膝をついてなんとかならんか」→「膝はついたけどそのまま前に倒れそうになる」→「手で支えよう」→「力入らない」→「クッションに顔面シュート」...ってな案配で、そのまま固まっちゃってたりも。

でも運動してなかった頃に比べるとぜんぜん気持ちがいいです。やっぱ運動は大事だなあ。

20150527.png

ふと思い立って、主に小学校高学年~中学校あたりにハマってたアニメの唄をここのところ聞きまくってます。
アニソンを聴く習慣はあまりなかったんですけど、久しぶりに機動戦士ガンダムの哀・戦士が耳に入ったら鳥肌の立つ感覚があって、「あれ?じゃああの時分の好きだったアニメの唄をまとめて聞いたらどないなんだろ」と。試しにiTunes Storeで検索したらポンポン出てくるので、そのままポンポン買っちゃってバンバン再生してるわけであります。

そしたらこれがすごく楽しい。

最近はもう「仕事いやだ~」「頭使うのいやだ~」「ぼーっとしたい~」が口癖になってて逃避行動ばかりの我が身です。
でも小中のあたりといえば、歩いて30分~45分くらいかかってた片道の通学路を、延々と頭の中で映画を作っては再生していました。脳みそ使うのを嫌がるなんてことはなくて、いつでも自分の好きな内容の映画が好きなアングルや音楽で見れるので楽しかったし、暇とか無縁だった。
たまに気に入ったシーンが出来たら巻き戻して見ようとするんですけどね、思いついたそばから再生してってるので、意外と巻き戻しって難しいんです。無理に戻すと今度はストーリーが進まなくなったりして。
そんな時も「何シーンぐらいまでだったら戻せるようになるだろう」とかわけのわからん脳をこねくり方というか、こねくる練習をしてました。意外と今の仕事でアイデア出ししてる時に助かることがあるので、どこで何が生きてくるかわからないものです。

そんなもんで、当然ワナビーくん。

昔のアニソンを流してると、このワナビーくん特有の「無駄に満ちあふれたエネルギー」のおこぼれがちょろっと漏れ出してくるようで、「そう考えたらなりたい自分と近いところに来れたんだから頑張れよ俺」みたいに机に向かおうという気がおきるんですね。初心に帰るどころか、原点にまで戻れてる感じ。いいわー、やっぱ中二病の気持ち無くしちゃだめだ。

色々あがいてた頃に聞いてた流行歌を使って当時の燃える気持ちを思い出すってのは前からやってたんですけど、そっちはそろそろ聞き飽きて効力がなくなっていたところだったので、アニソンは盲点でした。

ところで「昔ハマッたアニソン」といえば、自分の中では『蒼き流星SPTレイズナー』の『メロスのように』は欠かせない筆頭なんですけども、iTunes Storeにない...。一応検索したら出てくるんですけど、プレビュー聞いた感じ原曲ではない。こんなん近所のレンタル屋さんに行ってもないよなあ。

20150422.png
というわけで、セントラルパシフィックバンクのキャッシュカードをようやくアクティベートしようと電話かけてみました。先日日記に書いた、これ(『ハワイからの郵便物』)ですね。ちなみにキャッシュカード利用に必要なPINナンバーは別送で既に届いています。

ところが電話をかけると日本でもお馴染みの「○○の用件は○番、○○は○番...」といったアナウンスが流れるんですが、これが全然聞き取れない。先日ハワイで英会話しまくって疲れたのと、6月に予定していたパイクスピーク行きがなくなったことで、いったん頭の中から「英会話」というものが完全抹消されたらしく、少し注意して聞くと聞き取れるものの、その集中力が長く続かない。どうにもこうにも「どうもならん!」状態に。
試しに「これかなー」って番号押してみたら、当然ですがその先でまた英語のアナウンスが流れて、「あわわわ」ってなって、その後保留音が流れはじめたのでプチンと電話切っちゃいました。

これはまずい。わからん。

とはいえ、この壁を越えないとカードが使える状態にならない。さてどうしよう。

うーん。

あ、日本語カスタマーサポートあったじゃんやーねーもう。ってことで、そっちに電話かけてみたら日本語でアクティベートの処理をやってもらえました。よかったよかった。

ちなみに、普通に国際通話すると高そうだったので海外とのやり取りには SMARTalk というIP電話サービスを利用してます。国外行った時も、携帯キャリアにここの番号を転送電話設定しておくと、かかってきた電話を国際通話とか気にせず受けることができるので便利ですよ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

About 雑記

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「雑記」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは色んな感想です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加